【直木賞、芥川賞より注目】新井賞に「ダルちゃん」が受賞!無料で読めるサイト紹介

@chiOkey
@chiOkey
何でも検索して、その結果広い範囲でハマってしまう。
好奇心旺盛なちー(@chiOkey)です。(検索マニアはオタク気質がある人だそうな)

新井賞にダルちゃん受賞と、いうわけで今回は朝のTV番組「スッキリ!」でも取り上げられてた「新井賞」に関する話題です。※新井さんって初めてテレビで見ました。面白いひとだーっ




花椿コミック「ダルちゃん」が新井賞を取りました♪

え?新井賞って知らない?芥川賞とか直木賞じゃないの?と思ったそこのあなた。

実は、新井賞は本をこよなく愛する書店員の「新井さん」という人が創設した賞で、これに選ばれると、確実に売れると言われてる\本屋さん大注目の賞/なんです。(私も本好きなので密かに注目してました)

今回は第9回目、はるな檸檬さんの「ダルちゃん」(コミック)が受賞。新井さん曰く「新井賞が小説じゃなきゃいけないなんて誰が決めたよ。」ということだそうです(^∇^;)いいねー♪そういう型にはまらない考え方好きです!

小説かな?と思っていたら・・・なんと、まかさのコミック1巻、2巻まとめてだもんね~びっくりしました。 

「ダルちゃん」ってどんな話?(ワタシの感想)

ダルちゃんは、ダルダル星人の女の子なのですが、人間社会に溶け込むために毎日擬態をして、会社に出社しているOLさんです。24歳派遣社員 丸山成美

ダルちゃんマネして書いてみた普段のダルちゃん(by ちー画伯)

でも、社会に溶け込むのはかなり苦労の居る事、変な目で見られないように
おかしいと気づかれないように、気を使いながら生活をしています。

その中で「自分の存在意義」や「生きている価値」「居場所」に迷い始め、悩みながら前に進もうと頑張ってる姿が、世の中の女性の共感を得て、話題になっていました。

八方美人で悩んでる人にも刺さる話】※個人的感想

人に合わせることの何がいけないのか?相手に喜んでもらう事の何がいけないのか?めちゃ考えさせられます。ちょっと切ないでもやめられないこの先が気になる漫画。絵はゆるゆる~っとしたタッチで描かれてるんですけどね(^-^;)

これね、資生堂のページで少し読めるんですよ~(元は資生堂のコンテンツだったので)
「ダルちゃん」無料で1話~6話まで読めます。WEB漫画なのでサクッと読めます。

資生堂が運営する「ウェブ花椿」にて一部公開
※現在、単行本化に伴い、現在1話~6話の公開となっております。
第1話はこちらから読めますよん⇒http://hanatsubaki.shiseidogroup.jp/comic2/2228/

読み終わったら単行本欲しくなってしまった・・・手元に置いておきたい。

▼今なら書店や、Amazonで買ってもいいね、2冊でています。 

はるな檸檬
漫画家 1983年宮崎県生まれ。2010年に宝塚ファンを題材にした「ZUCCA×ZUCA」でデビュー。他に自身の読書遍歴を描いた「れもん、よむもん!」、出産体験を描いた「れもん、うむもん!」、宝塚ファンの夫婦を描いた「タクマとハナコ」など。
※資生堂のページよりプロフィール抜粋

歴代の新井賞も必見(現在までの新井賞受賞作)

新井賞は書店員さんが選んだということで、面白そうな本がいっぱい選ばれています。機会があれば他の新井賞作品を読んでみたい・・・という人向けに並べてみました。ドラマ化されてるものもあるんだねー

第1回 男ともだち
著者:千早茜

第2回 イノセント・デイズ
著者:早見和真
第3回 朝が来る
著者:辻村深月
第4回 坂の途中の家
著者:角田光代
第5回 やがて海へと届く
著者:彩瀬まる
第6回 貘の耳たぶ
著者:芦沢 央
第7回 砂上
著者:桜木紫乃
第8回 ののはな通信
著者:三浦しをん
第9回 ダルちゃん1.2
著者:はるな檸檬

こうして又・・読みたい本が増えて行くのであった。

 

------------好奇心ブログ------------

ABOUT ME
好奇心猫(SNSでは@chiOkey)
好奇心猫(SNSでは@chiOkey)
@chiOkeyです。好奇心旺盛で何でも検索して、記事を書いたり、猫の写真や絵が好きで見て回ったりしています。くせっ毛なので湿度が高いと無駄に広がる髪が悩みです(^-^;)ネット上で「お!これいいな」と思うものがあったら忘れないように書いてますっ!SNS上では羊アイコンでつぶやいています。 ⇒詳細プロフィールページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です